実は、
また、HTCのスマートフォンを買ってしまいました。
もちろん、自分用では、ありません!!(笑)
次男用なんですが、別に、HTCを選ぶように「誘導」などは
一切、一切(笑)、しておりませんから!
ただ、OSは、Android 2.2以降じゃないと
WiFi Hotspot機能(テザリング)ができないし、
できれば、リモートでアプリを入れられる2.3以降が良い、、と
アドバイス(半ば強要(笑))は、しておきましたが、、、
結果、
Pay As You Goで150ポンド(約1万8千円)以内で買える端末の中から
白が好きな次男(長男でしたら最高に嫌がる色ですが(笑))
選んだのは、HTC Wildfire S。

この端末、
ボーダフォンでは190ポンド(別途Top Up要なので200ポンド)
オレンジでは169.99ポンド(別途10ポンド以上Top Up必要なので179ポンド)
O2では209.99ポンド(Top Up要で、219.99ポンド)
なんですが、3では、
149.99ポンドで、出ておりました!
もっとも、15ポンドの「All You Can Eat Data」SIMカード
(通話300分・SMS3000通・データ無限で30日有効)も
買わなくてはなりませんので、実際の出費は164.99ポンドとなります。

しかし、3を選んだのは、安さ、だけでは無いのです。
なんとなく、、、なんとなく(笑)ですが、、、
去年末、3でHTC Desire HDを買ったとき、
UnlockedつまりSIMロック・フリーであったので
どうも、このWildfire Sも、SIMロックされていないような気が
していたからなのです。
すると、予感的中でした!!!

ひょっとして、3のHTC端末には、SIMロックがかかっていないのかも??
どう考えても、HTCから、おろした品物を、そのまま売っている、、という
雰囲気なんですが、、、(爆)

そして、これには、3ではなく、VodafoneのSIMカードを入れることにしたのですが
この話は、ちょっと長くなるので、別エントリーにいたします。

image
(HTC ChaChaとWildfire S、Wildfire Sの画面は3.2インチ)

にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ
にほんブログ村

広告