You are currently browsing the monthly archive for 9月 2011.

前投稿の続きになりますが、
メインのHTC Desire HDには、当然、
「3」の古いSIMカードをいれ、
30日有効2GBのInternet Add Onを追加しておりますが、
(これ↑は、新しいSIMカードでは買えません)
サブ機であるHTC Cha Chaと
「3」で買ったHTC Wildfireには
VodafoneのSIMカードを入れました。

なぜなら
最近のVodafone、結構、気前が良いからです。
10ポンド以上Top Up(クレジット=残高追加)すると、さまざまな
「Freebee」(おまけ・特典)がつくのですが、
Text and Webというのを選ぶと、10ポンドで
30日有効のSMS(Text)300通、データ500MBがつくのです。
もちろん、10ポンド分、通話に使ったり、アプリを買ったりもできます。
そこが、「3」との違いです。
最近の「3」のSIMカードは、たとえば、
データ無限SIMカード15ポンド(国内通話300分・国内3000Texts)を買っても、
15ポンドの残高(クレジット)は、つかないので、
たとえば、国際電話をかけるためには、
別途、Top Up(残高追加)が必要になるのです。

もっとも、次男は、国際電話をかけませんので
別に「3」でも、良いことは、良いのですが、
Vodafoneを選んだ、もう1つの理由は、、
通話のシグナルが比較的良いことです。
これは、どこで使用するか、
通話かデータ接続かで、当然、違いまして
我が家(英国東南部の村)における
通話シグナル状況は、
3Gネットワーク専門(笑)の「3」は、3G接続できない場合、
もともとOrangeのネットワークが使用されることになっており、
さらに、昨年末より
OrangeとT-Mobileはネットワーク相互使用可能になったのですが、
通話の途中で切れたり、そもそも
アンテナが立っていなかったりすることが、時々あります。

そもそも、英国のネットワークは、
古株である
GSM900使用の
Vodafone、O2(スペインTelefonica)、
両者の間借り(笑)であるTalk Mobile、スーパーのAsdaとTesco
そして
比較的新規参入である
GSM1800使用の
Orange(仏)、T-Mobile(ドイツ)、
3(香港)そしてVirgin Mobile(T-Mibile間借り)
の二つに大分されるのですが
通話に関しては、全体的に、やはり、
GSM900のほうが良い感じ(笑)です。

けれども、データになると、また話が違います。
これも、当然、地域によって全く違うのですが
我が家での状態では
「3」が一番早く、
基本的にHSDPA(いわゆる3.5G)で
時々UMTS(3G)表示になっていますが、
つながらない時は全くつながらない、、、
次が
「Vodafone」で、時々(笑)HSDPAになっていますが
実際にはUMTSが多く、
かなり頻繁にEdge(いわゆる2.5G)や
GPRS(いわゆる2G)接続になることもありますが
基本的には、つながっている、、、
けれども
同じくGSM900使用の「O2」は、最悪で、
HSDPAは稀(笑)どころか3G表示にさえならないことが多く
E表示(Edge)どころかG(GPRS)表示に
なっているほうが普通で、実際に
YouTubeなど、見れたものではありません。

一方、GSM1800バンド使用の
「Orange」と「Virgin Mobile」は、
O2よりは早い印象(笑)ですが
やはり、Edge表示になっていることが多く
実際に、快適度は、3やVodafoneより劣ります。

長くなりますが、というわけで、
Vodafoneを使うことにしました。
Vodafoneは、MMS(マルチメディアメッセージ・写メール)が
36Pと、他に比べて高いのが、ちょっと残念なのですが
モバイル・インターネットとText、着信が主であったら
Vodafoneは、かなり、おすすめです。

ちなみに、「Vodafone」の「Freebee」には
「International Freebee」というものもあり
これは、
30日有効のケータイにもかけられる無料国際通話が
10ポンドTop Upすると60分
15ポンドだと100分
30ポンドだと240分、付いてきます

ただし、Top Upをする前に、4351に無料で電話するか
vodafone.co.uk/get-international
で、あらかじめ選択しておかないと
( Web & Textの場合は、4350
vodafone.co.uk/textandweb )
無料特典がつきませし
また、Top UP後、VodafoneからTextで
無料特典追加の連絡が来るまで、
時間がかかることがあり(数分の時もありますが)、
その前に使うと、チャージされますので(涙)
ご注意ください、、、。)

尚、このInternational Freebeeを選んだ場合は
5ポンドで30日有効250MBデータのWeb Packを別途
買っておくと良いと思います。
(2350でも、vodafone.co.uk/myaccountからでも買えます)
また、一日25MBまでは1ポンドしかかかりませんが
それを超えると、かなり高くなります。

ちなみに、同様の
Top Up特典は、他のネットワークでもあり
全て30日有効で
Orangeには
Dolphin(10ポンドで400Texts、データ100MB)
Camel(10ポンドで無料国際通話60分)
また
O2には
TEXT & WEB(10ポンドで300Texts、データ500MB)
Your Country(10ポンドで無料通話50分)
等々、あります。

もっとも、
「3」の国際電話代は
ケータイ(4140081ゼロ抜きの電話番号)は1分10p
家の電話Landline(4150081ゼロ抜きの電話番号)は1分4pですので
やはり、だんとつに安いのですが、、、、。

にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ
にほんブログ村

広告

実は、
また、HTCのスマートフォンを買ってしまいました。
もちろん、自分用では、ありません!!(笑)
次男用なんですが、別に、HTCを選ぶように「誘導」などは
一切、一切(笑)、しておりませんから!
ただ、OSは、Android 2.2以降じゃないと
WiFi Hotspot機能(テザリング)ができないし、
できれば、リモートでアプリを入れられる2.3以降が良い、、と
アドバイス(半ば強要(笑))は、しておきましたが、、、
結果、
Pay As You Goで150ポンド(約1万8千円)以内で買える端末の中から
白が好きな次男(長男でしたら最高に嫌がる色ですが(笑))
選んだのは、HTC Wildfire S。

この端末、
ボーダフォンでは190ポンド(別途Top Up要なので200ポンド)
オレンジでは169.99ポンド(別途10ポンド以上Top Up必要なので179ポンド)
O2では209.99ポンド(Top Up要で、219.99ポンド)
なんですが、3では、
149.99ポンドで、出ておりました!
もっとも、15ポンドの「All You Can Eat Data」SIMカード
(通話300分・SMS3000通・データ無限で30日有効)も
買わなくてはなりませんので、実際の出費は164.99ポンドとなります。

しかし、3を選んだのは、安さ、だけでは無いのです。
なんとなく、、、なんとなく(笑)ですが、、、
去年末、3でHTC Desire HDを買ったとき、
UnlockedつまりSIMロック・フリーであったので
どうも、このWildfire Sも、SIMロックされていないような気が
していたからなのです。
すると、予感的中でした!!!

ひょっとして、3のHTC端末には、SIMロックがかかっていないのかも??
どう考えても、HTCから、おろした品物を、そのまま売っている、、という
雰囲気なんですが、、、(爆)

そして、これには、3ではなく、VodafoneのSIMカードを入れることにしたのですが
この話は、ちょっと長くなるので、別エントリーにいたします。

image
(HTC ChaChaとWildfire S、Wildfire Sの画面は3.2インチ)

にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ
にほんブログ村

長い間、諸事情により放置状態にあったため
せっかく、貴重なコメントを頂戴しておりましたのに
たいへん申し訳ありません。

今後も暫く定期的な更新はできず放置気味になると思いますので
当分の間、コメント欄は閉じさせていただきます。

さて、
昨日、The Carphone Warehouseを通りがかったところ
「10日限定大安売り・10Days DEALathon」
の大文字が目に入りました。
さっそく中に入り、チラシを手にとってみると

The Carphone Warehouse Dealathon

The Carphone Warehouse Dealathon


ほしいものが、満載、、、、
とくにHTC Flyer、、、
でも、今は、買えません、、、(涙)
けれども、ちょっと興味のあった
HTC Cha Chaが、149ポンド、約2万円と、
かなり、お手ごろ価格でしたので、
衝動買いしてしまいました、、、。

昨年末に3で購入し、偶然、SIMロックフリーだったのを
発見したHTC Desire HDは、
今まで使ったどのスマートフォンよりも快適で、
今もベタ惚れ状態は続いているのですが
唯一の問題が、入力、、、、、

あの、伝説的Nokia E71の入力と
比べるつもりは、ありませんし、
これは、ひとえに私の不器用さに原因があるのですが(笑)
どうしてもタッチ入力では、思うようなスピードで
入力できないのに疲れを感じておりました。

もっとも
SymbianなNokia N97 mini では、
必要なアプリが使えませんし、
AndroidなSony Ericsson Xperia Mini Proも
今ひとつ使いにくい、、、画面が小さすぎる、、
そして、これは、両者にいえることですが
やっぱり、スライド式は、どこか、持ちにくい、、、

ということで、サブ機として、HTC Cha Chaに
ひそかに注目していたのですが
どこのネットワークでも、Pay As You Goで
200ポンドは、するので躊躇していたのです。

実は、このCarphone Warehouse、
数ヶ月前に安売りをしておりまして、
そのときは、あのHTC Desire Zが
200ポンドとなっていたのですが、どの店でも
既に売り切れとなっていたこともあり
今回は、即決しました。


このMobile Choice誌のレビューでも
画面の小ささが残念、、と。
箱は、HTC Desire HDと同じ系統です。
中を開けると、チャージャー・ケーブルなど、全て
白で統一。
Micro SDカードは2GBが既に挿入されていました。

住所録など情報のコピーはBluetoothで非常に快適に終了。

けれども、、、、ひとつ問題が、、、、
縦長表示しかされないアプリが
一部あるのです、、、、、、(涙)
たとえば、この、アメブロのアンドロイド用アプリ、、
作成・編集画面でも、縦長のまま、、、
よって、つかいものになりません。
ただ、ブラウザでPC表示を選べば
作成・編集することは、できますが
やはり画面が小さいので、かなりストレスに、なります。

(右はXperia Mini Pro)

この、画面の小さいストレスと
タッチで長文入力するストレスと
究極の選択かもしれません、、。

アンドロイド・フォンでアプリを楽しむには
画面の大きさは、少なくとも4インチは必要ではないかと
老眼世代としては感じます。

HTC Desire HDの4.3インチに慣れてしまった今
もはや、4.3インチ以下は受け入れられなくなっているのを、
この2.6インチ画面の限界で痛感しました。

ただ、入力は、あのNokia E71よりも快適と
(とくに、十字キーがあるのが高ポイント)
個人的には感じましたので
メインの端末としては、
絶対、おすすめできませんが
サブの端末としては、心の底から、おすすめです。
これから
メールやチャットは、これを使おうと思います。

ところで、WHSmithという文具書籍チェーン店で
Nokia SmartphonesというMagBook(ムック)が売られていました。

中身(情報)は、かなり初歩的ですが、各端末の写真が美しく
ノキア・ファンにとってのコレクション価値は高いかもしれません。

Nokia Smartphones Guide 2011
http://ebookee.org/Nokia-Smartphones-Guide-2011_1286058.html

以前だったら、絶対、買っていたんですが、、、、、、

Calendar

2011年9月
« 2月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

愛用スマフォ&モバイル

HTC Desire HD; HTC Cha Cha; HTC Wildfire S; Xperia X10 Mini Pro; Nokia N97 mini, E71,E61,N73; Samsung Galaxy S2, Omnia &i8510; iPhone4 / iPad / Mifi (Pocket WiFi) / Samsung Tocco; Sony Ericsson Satio & Aino
free counters